バイナリーオプションの注文方法

バイナリーオプションは、為替金融商品のひとつです。金融商品は、価格や指数が現段階の数値よりも高くなるか低くなるかを予測し、売り買いを行うもので、その損益は値幅によって変動します。そのため、大きく儲けることができる一方で大きく損する場合もあります。一方でバイナリーオプション取引では、将来の価格や指数を予測し売り買いを行いますが、このさいの損益金額は、値幅によって変動せずに固定されているのが特徴です。
そのため、損益額は限定されており、また少額で取引が可能となっています。

バイナリーオプションでは、株価指数や為替相場のほか商品などの価格または数値がその取引の対象となっていますが、注文方法としては、おおむね統一されています。基本的な注文ルールとしては、銘柄を選択し取引の設定条件を選択、その後、売りまたは買いの注文を出します。ここでポイントとなるのが取引する設定条件です。

この設定条件は提供しているバイナリーオプション業者によってことなりますが、基本的には、指定された指数が、いつのタイミングまでに上回る、または維持するといった条件が設定されており、もし上回ると思ったら買い上回らないとおもったら売りといった注文を出すことになります。その後、指定の時間または数値に達した場合に精算され、損益が確定することになります。
なお、取引単位は枚数またはロットという名称が使われます。

また損益通貨も日本円のほか外国通貨で行うこともできるなど、その種類は業者によって多種多様です。

テクニカル分析はバイナリーオプションで使える?サポートラインとレジスタンスラインとは