サポートラインとレジスタンスラインとは

バイナリーオプションの攻略において、サポートライン、レジスタンスラインの概念を知ることはたいへん有益です。
サポートラインは「下値支持線」とも呼ばれているもので、為替相場の値動きのなかで、下落しようとする価格を支えているラインのことをいいます。
このラインは、「ローソク足」と呼ばれる相場の値動きを示すチャートとあわせて用いることが多いものです。

具体的には、過去の相場で安値や高値となっていた価格、フィボナッチやピボットなどの市場参加者に意識されやすい価格などを目安として、グラフ上にラインを引きます。
このラインまで価格が接近すると、買い戻しが入って価格が下がりにくくなり、ライン手前で反発を何度も繰り返すうちに、これまで価格が下落傾向にあったものが一転して上昇に転じるということも多くみられます。
バイナリーオプションで重要な、価格の上げ・下げの分かれ目となりやすい価格帯として注目されるところです。

逆に、「ブレイク」と呼びますが、このラインを明確に下回ってしまうと、価格が下落する勢いにはずみがついて、大きな値幅で急落することもあります。
いっぽう、レジスタンスラインは「上値抵抗線」とも呼ばれ、価格が上昇するのを阻んでいるラインのことです。
これもサポートラインと同様に、過去の高値・安値や意識される価格などがラインを引く目安となります。

このラインは多くの市場参加者にとっての利益確定の目安でもありますので、売りが入りやすく、価格が上昇しにくくなります。
ここもバイナリーオプションでは大切な、値動きが反転する可能性のあるポイントです。
ただし、このラインをブレイクすると、売りのポジションを持っている市場参加者がいっせいに損切りをはじめ、上昇が加速することもあるので要注意です。

バイナリーオプションの注文方法バイナリーオプションって安心なの?